今すぐお金を借りる

今すぐ即日でお金を借りたい方へ

 

画像
画像

即日審査で選ばれているランキング

今日借りれるカードローンってどういう仕組み?

画像
カードローンには、即日審査というサービスがあります。

 

これは、新規でカードローン会社に融資を申込む際に行われる「申込み審査」を契約申請の当日中に行うというサービスで、カードローン業界では一般的になりつつあります。

 

審査までの流れは?

パソコンや無人契約機から契約を申込みます。パソコンからの申込みは、各カードローン会社のホームページにアクセスして入力していきます。自動契約機の場合は、カードローン会社が設置した自動契約機まで出向いていき手続きをします。

 

いずれの場合も、申請がローン会社に到着すると審査が始まり、最短数十分で合否の結果が出ますので、今すぐお金が必要!という方にもおすすめですね。

 

パソコンと無人契約機のどちらが良い?

パソコン申請のメリットは、自宅でできるので都合のいい時間に申込みができる(営業時間外の審査は無し)という点や、他人に会わずに手続きができることです。

 

又、最近ではwebサイト上で事前診断が行えるローン会社も増えてきています。年収、年齢、他社からの借入れなどを入力すれば即座に審査基準に該当するか診断してくれます。この診断は個人情報を入力する必要が無いので、安心して受ける事ができます。

 

一方、自動契約機のメリットは作業手続きで不明な点は備え付けの電話で助言がもらえることや、身分証明などの本人確認書類もその場でデジタル送信できる点です。

 

すべての作業が一度に完結するので、パソコン手続きのように後から免許証をスキャン又は写メでデジタル画像化して送信するという手間もかかりません。

 

●即日審査のメリットや特徴
即日審査の良い点は、何と言ってもお金を借りるまでの時間がスピーディなことです。契約を申込んでから結果が出るまでの間は、誰でも不安なものです。即日審査に対応しているカードローンなら、そんな時間を極力短くすることができます。

 

又、急に融資が必要になった場合、今すぐできる即日審査でなければ対応できません。即日審査は、めまぐるしい現代に対応した画期的なサービスと言えます。

 

従来の方法 〜 郵送での契約申込み

通常の手続きの手順は、契約申込書の記入、本人確認書類を同封して郵送します。

 

この段階で、カードローン会社に到着するまで数日かかってしまいます。

 

カードローン会社は契約申込書を受け取ってから、信用情報とスコアリング審査や職場への在籍確認などを行い合否の判断をしますので、審査の全行程が終了するまで1週間程度かかってしまう場合もあります。

 

オンライン手続き 〜 即日審査

パソコン、無人契約機のいずれもオンラインで完結するので、即日の審査が可能です。

 

郵送にかかる時間などの無駄が省けて、非常に効率的に借りれるんです。

 

特に無人契約機の場合は、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)を機械が読み取って送信してくれるので、その場ですべての手続きが完了し数十分後には審査結果が画面で確認できますから、『今日中』などの急な用途にも充分に対応ができます。

 

●即日審査の申込み方法や手順は?
カードローンの契約申込みには、無人契約機やパソコン、スマホの他に電話での手続きもあるようです。

 

無人契約機での申込み

カードローン会社が設置した無人契約機まで出向いて行き、契約申込みを行う方法です。

 

その際、本人確認ができる書類、場合によっては所得証明(源泉徴収票など)や口座番号(振り込み融資の場合)が必要になる事があります。

 

備え付けの契約申請書を記入して契約機の所定の場所にセットし送信し、その後、免許証など必要な書類をセットして送信すると数十分後に契約機の画面に審査結果が表示されます。

 

パソコン、スマホからの申込み

カードローン会社のホームページにアクセスして手続きをします。

 

表示に従って入力していき、送信します。

 

運転免許証などの本人確認書類などの書類はスキャンや写メなどでデジタル画像化してネット送信するため、郵送の手間と時間はかかりません。

 

審査結果は、メールか電話で連絡があります。

 

電話からの申込み

電話受付窓口へ電話をかけ、オペレーターとの対話で契約申請手続きを行います。

 

審査結果は、その電話中に伝えられることが多いようです。

カード会社による即日審査の違いは?

画像
カードローンやクレジットカードの審査基準はカード会社によって様々なので、一概に定義づけする事は困難です。

 

「A社、B社の審査は落ちたけれどC社は受かった」

 

という話は珍しくありません。

 

又、消費者金融系カードローンは審査時間が30分程度ですが、銀行カードローンは半日ほどかかる場合が多いようです。これだと、今日中にお金を借りることは難しいですよね。

 

このようなこともあり、一般的には銀行カードローンの審査は難易度が高く、消費者金融系の審査は低いと言われています。

 

銀行カードローンと消費者金融系カードローンの違い

銀行カードローンは、銀行が提供するカードローンなので「銀行法」の適用を受けます。

 

一方、消費者金融系カードローンは貸金業なので「貸金業法」が適用されます。融資を受ける際にしばしば問題となる「総量規制」は貸金業法に定められた規制なので、消費者金融系カードローンは適用を受けます。

 

総量規制〜どんな規制を受けるの?

総量規制は、利用者の借入れ過ぎを防ぐ目的で「年収の3分の1を超える借入れを禁止する」という法律です。

 

ここで問題なのは、「借入れ」の中にはクレジットカードのキャッシング枠が含まれるという点です。つまり、キャッシング枠50万円のクレジットカードを2枚所有していたら、信用情報上では「100万円の借入れがある」と表示されてしまう事になるのです。

 

もし、契約希望者の年収が300万円だとすると総量規制の範囲を超えてしまうので、信用情報の審査上で非常に不利になってしまいます。

 

その点、銀行カードローンの方が規制を受けないだけ「難易度が低い」と言えるかもしれません。

即日審査の本人確認、在籍確認方法は?

画像
カードローンの即日審査や即日融資は、当たり前の時代になってきました。

 

それに伴い、本人確認や在籍確認の方法も迅速に行えるように色々と工夫され借りれるようになりました。

 

本人確認書類の迅速化

本人確認書類として有効な物は、運転免許証やパスポート、健康保険証などがあります。

 

従来の方法は、それらをコピーしてカードローン会社へ郵送していましたが、これでは即日に審査結果が出せません。

 

そこで最近は、本人確認書類をデジタル画像化してオンライン送信するという方法をとることで迅速化を図っています。

 

パソコン、スマートホン、自動契約機からの送信

ネットからの契約申込みの場合、パソコンではデジカメで本人確認書類を撮影するか、スキャナーでパソコンに取り込んで送信します。

 

スマホも同様に、内蔵のカメラ機能を使って撮影し送信すれば完了です。

 

自動契約機の場合は、機械にセットすると勝手に取り込んで送信してくれるので誰でも簡単に手間もかからずに送信できます。

 

在籍確認方法は?

勤務先が休日の場合は、電話による在籍確認ができません。

 

その場合、在籍確認の連絡だけ後日に回し融資手続きを進める業者もありますが、必要書類の代用で在籍確認の代用とする業者も増えてきました。

 

この場合、カードローン会社が指定した銀行に預金口座があることが前提で、更に勤務先から発行された健康保険証、給与明細、源泉徴収票などカードローン会社が指定した勤務実績が確認できる書類の提出が必要になります。

即日審査で選ばれているランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP パートやアルバイトでも大丈夫? 勤務先に電話かかる? アコムカードローンの特徴